京都 安倍晴明、人の過去・前世・未来を見抜く術

人の過去・未来がわかる

晴明の”陰陽師”としての功績は、
「500年前に日本に入ってきた陰陽道をまとめあげ、
 現在にも続く占いのスタイルを確立したこと」

さらに、
「陰陽道のすごさを広く一般に知らしめたこと」
が挙げられます(『MORE』より)

ここからは、晴明が使ったさまざまな術を紹介していくと共に、
陰陽師 安倍晴明の「凄さ」を物語っていきたいと思います

前に述べた花山天皇のエピソードからもわかるように、
晴明は、人の未来がわかりました
それだけではなく晴明は、
人の過去・前世を見ぬくこともできたのです

晴明が、六十五歳か、六十六歳頃のときのこと..
この話は、花山院がまだ天皇だったときの話です

花山院は、原因不明の頭痛に悩まされていました
そこへ、晴明が天皇の前世を占い、
頭痛の原因を突き止めました
彼は、天皇に
「不運なことに、前世の骸骨が岩の間に挟まったままでいます」
「それが雨になると、岩が水を含んでふくらみ、
 挟まっている骸骨を圧迫するので、頭痛が起こるのです」
と..
天皇は言われたとおり、骸骨のある場所へ行き、
首を取り出しました
その後、天皇の頭痛はぴったり治まったそうです
『古事談』より)


新日本古典文学大系 古事談・続古事談


自分の前世・さらに未来を予知した人物を、花山天皇は、
出家し法皇となってからも何かと頼りにしていたようです

人の過去・現在・未来すべてを見通せた晴明、
晴明を主人公とした岩崎陽子さんの漫画『王都妖奇譚』では、
人の運命が見通せるという事に対して
晴明がコンプレックスを抱いていて、
その事を彼がどうやって克服していくのか、
その点を軸にした物語が描かれています..


岩崎 陽子『王都妖(あやかし)奇譚』


こちらの晴明は、
岡野玲子さん描く飄々としてクールな晴明とは、
また違った人間味溢れる晴明で、
両方を読み比べてみるのも面白いのではないかと..


岡野玲子が描く陰陽師の世界


書物・文献で専門的に知るも良し、
またコミックで気軽に陰陽師の世界を知るも良し、
大陰陽師 安倍晴明の「凄さ」を
感じて下さい..

※安倍晴明 関連リンク

陰陽師という役職とは(其の弐)
陰陽師という役職とは(其の壱)
「今昔物語集」幼い頃から鬼神が見えた晴明
「安倍晴明物語」鳥の会話を理解した晴明
陰陽道「晴明桔梗印」とも呼ばれる『五芒星』の秘密
出生の秘密 母、白狐『葛の葉(くずのは)』の伝承
安倍晴明、謎に満ちた『陰陽師』の秘密を知る
「安倍晴明」関連書本
「陰陽師」関連書本
安倍晴明 『陰陽師』映画化DVD
荒俣 宏 氏の『帝都物語』
夢枕 漠 氏の『陰陽師』
岡野玲子コミック『陰陽師』
岩崎陽子コミック『王都妖奇譚』
狂言師 野村萬斎
「狐の化身・葛の葉」関連書本
「今昔物語集」
「安倍晴明物語」
「古今著聞集」
「古事談」
「宇治拾遺物語」
「大鏡」
「北条九代記」

※『晴明祭(9/22・23)』が晴明神社で祭行されます
安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りる
『晴明祭(9/22・23)』の詳細はこちらから


※また本年度、
没後、一千年を迎える 晴明の命日(9月26日)には
嵯峨墓所祭』が執り行われます

※京都 「晴明祭」および「嵯峨墓所祭」 へ行きませんか
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約




にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村 写真ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント