京都 安倍晴明、謎に満ちた『陰陽師』の秘密を知る

京都 安倍晴明、謎に満ちた『陰陽師』の秘密を知る

安倍晴明、いわずと知れた『陰陽師
数々の謎に秘められたその生い立ちを
今、明らかに記す..

安倍晴明

安倍晴明 陰陽道の始祖、
謎に包まれた知る人ぞ知る人物となる安倍晴明、

荒俣 宏 氏の『帝都物語』
夢枕 漠 氏の『陰陽師』岡野玲子氏によりコミック化も)
などでクローズアップされて
知っている人も多いのではないでしょうか

伝説に彩られた平安時代中期の大陰陽師、
天文博士..土御門家の祖..
などと数々の異名をつけられていました

父は系図によれば大膳大夫・安倍益材(あべのますき)、
物語や伝説上では父は安倍保名(あべのやすな)、
母は狐の化身・葛の葉(くずのは)
出身は和泉(大阪府)、讃岐(香川県)、筑波(茨城県)など諸説ある
妻の名は不明、
息子の吉平(よしひら)・吉昌(よしまさ)も父の後を継ぎ、
陰陽師となったのです

幼い時に京に上り、陰陽師・賀茂忠行の元で修行し、
鬼神を見ることができたといわれたり、
天皇や藤原道長等貴族のために占いをしたり、
陰陽道諸々祭を取り仕切っていました
著書に占いを集大成した『占事略決』があります

その生涯は神秘的なエピソードで彩られ、
平安時代の貴族の日記や仏教説話集にも、
鬼神を見て師匠を救った、天変を察して花山天皇の退位を知った、
よく式神(鬼神)を使い、老僧と術比べをして勝った、
草の葉を投げて蛙を殺した、
白犬と共に道長に掛けられた呪いを見破った、
蔵人の少将に掛けられた呪いを見破り、呪詛返しをし、
呪いをかけた陰陽師を殺したなどの話が載っています

これらの説話を見ると人を救いもするが、
「晴明」という綺麗な名前に似合わず、殺生もする、と
「一癖ありげな陰陽師」のイメージが浮かんでくるのは
私だけだろうか..

江戸時代に入るとますます人気が沸騰し、
物語や浄瑠璃の題材にもなった狐の母と悲しい別れをします、
ライバル・芦屋道満に殺された父を一条戻橋で生き返らせた、
唐に留学中に道満に妻を寝取られた、
蛇を助けて龍宮城へ行ったなどなど、
ミステリアスなエピソードが言い伝えられています

一条帝に仕えていた寛弘2年(西暦1005年)9月26日に
85歳で天寿を全うしました..
当時としては異例の大往生です
一度死んだが、閻魔大王に秘印をもらい、
生き返った、という話もありますが、
諸説色々、今になっても真実は明かされていません

イメージは人それぞれ、
自分が信じることが、全てでいいんじゃないですか..

※『晴明祭(9/22・23)』が祭行されます
安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りる
『晴明祭(9/22・23)』の詳細はこちらから


『安倍晴明』『陰陽師』『一条戻り橋』
少しでも気になったら、行って見てはいかがですか..

※京都 晴明祭 のご案内
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約




にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村 写真ブログへ



珠華繚乱 ~帝国を覆う陰~ (ルルル文庫)
小学館
宇津田 晴

ユーザレビュー:
ツファイ到着。珠国の ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント