京都 安倍晴明のライバル 蘆屋道満(其の弐)

ライバル道満 其の弐

さて、前回のエピソードでの約束通り、
この対決の後 道満は、
晴明の弟子になります..
ところが、
晴明が中国の唐に留学している間に、
彼の妻、梨花といい仲になった道満は、
晴明が中国での修行で得た
陰陽道の奥義が書かれた書物
『金烏玉兎集(きんうぎょくとしゅう)』
を、梨花をだまして盗み出します


安倍晴明占術大全『〓〓内伝 金烏玉兎集』


そして、道満晴明
「自分は夢の中で文殊から『金烏玉兎集』を得た」
と嘘をいいました
それを聞いた晴明
「そんなはずはない」
と、自らの首をかけて道満と戦います

道満は盗んだ時に書き写しておいた
『金烏玉兎集』
を懐から取り出すと、晴明を殺してしまいました
それを知った晴明の中国での師、
伯道上人は彼の骨を集め、
秘術によって彼を生きかえらせます

晴明は生きている」と告げる伯道上人

道満は、
「もし生きていたら、自分の首をやる」
と言い放ちます
生きかえった晴明道満の首を斬り、
彼が奪った『金烏玉兎集』を焼却したのです
(『ほき抄』『安倍晴明物語』より)


「ほき内伝」陰陽師の呪術の秘伝と奥義集


この話は、実際にあった話ではなく、
後から作られた作り話だと言われています

というのも、
一つには晴明が留学したという
中国の「唐」を時代的に見てみると、
この時、中国には唐という国は存在しません
存在していたのは、
年代から察するに「宋」ではないかと言われています

それからもう一つ、
中国での師である伯道上人という人物、
『ほき内伝』(陰陽師の呪術の秘伝と奥義集)を著し、陰陽道の奥義を極め、
千年も生きた人物らしいのですが、
この人どうやら架空の存在らしい..
それにこの話には、
その存在が文献に残っていないことから、
謎の人物とされている晴明の妻の名前まで
はっきりと記されています


「ほき内伝」陰陽師の呪術の秘伝と奥義集


以上のことから、
この話はフィクションではないかと
言われているわけです

江戸時代(一七〇〇頃)、
人形浄瑠璃や歌舞伎の世界では、
晴明道満の対決物が流行しました

歌舞伎のようなスペクタル演劇は、
元々あった小さな事実に脚色を加え、
その時代の風刺を巧みに物語の中に織り込めながら
壮大な物語を作り上げていきます

上の話はおそらく、
晴明道満の宮廷での対決事実を
もとにして作ったのでしょう

道満は晴明のような朝廷つきの陰陽師ではなくて、
民間の陰陽師でした

裏では国を痛烈に批判しながら、
表向きは勧善懲悪の世界の出来事として
うまく片付ける歌舞伎の世界..

朝廷お墨つきの立場の晴明は、正義として、
それに対して民間の立場である道満の存在は
悪として描きやすかったのではないか
と、今になっては考えられるのではないでしょうか..

ライバル蘆屋道満(其の壱)はこちらから

※『晴明祭(9/22・23)』が晴明神社で祭行されます
安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りる
『晴明祭(9/22・23)』の詳細はこちらから


※来る、9月26日は安倍晴明公の命日です
寛弘2年(西暦1005年)9月26日に85歳で永眠されました
没後、一千年を超える 晴明の命日(9月26日)
嵯峨墓所祭(晴明嵯峨墓所)
が執り行われます..

※京都 「晴明祭」および「嵯峨墓所祭」 へ行きませんか
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約



※安倍晴明 関連リンク

安倍晴明のライバル 蘆屋道満(其の壱)
安倍晴明と藤原道長
智徳法師の式神を隠す
蔵人の少将を助ける
自在に操った式神「十二神将」
陰陽師としての霊力とは..
算術を使って人の感情を操る術
人の過去・前世・未来を見抜く術
陰陽師という役職とは(其の弐)
陰陽師という役職とは(其の壱)
「今昔物語集」幼い頃から鬼神が見えた晴明
「安倍晴明物語」鳥の会話を理解した晴明
陰陽道「晴明桔梗印」とも呼ばれる『五芒星』の秘密
出生の秘密 母、白狐『葛の葉(くずのは)』の伝承
安倍晴明、謎に満ちた『陰陽師』の秘密を知る
安倍晴明、年に一度この地に舞い降りる『晴明祭』
「安倍晴明」関連書本
「陰陽師」関連書本
安倍晴明占術大全『〓〓内伝 金烏玉兎集』
「ほき内伝」陰陽師の呪術の秘伝と奥義集
安倍晴明 『陰陽師』映画化DVD
荒俣 宏 氏の『帝都物語』
夢枕 漠 氏の『陰陽師』
岡野玲子『陰陽師』
岩崎陽子『王都妖奇譚』
結城光流『少年陰陽師』
木山敏江『大江山花伝』
狂言師 野村萬斎
「狐の化身・葛の葉」関連書本
「今昔物語集」
「宇治拾遺物語」
「安倍晴明物語」
「古今著聞集」
「小右記」
「私聚百因縁集」
「古事談」
「大鏡」
「北条九代記」
紫式部『源氏物語』

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村 写真ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント