京都 安倍晴明・出生の秘密 母、白狐『葛の葉(くずのは)』の伝承

京都 安倍晴明・出生の秘密 母、白狐『葛の葉(くずのは)』の伝承

葛の葉(くずのは)、
葛の葉狐(くずのはぎつね)、
信太妻、信田妻(しのだづま)とも呼ばれている
安倍晴明(幼名:童子丸)の母、白狐について
以下のように語り継がれています..

村上天皇の時代、
河内国のひと石川悪右衛門は妻の病気をなおすため、
兄の蘆屋道満(あしやどうまん)の占いによって、
和泉国和泉郡の信太の森
(しのだのもり・現在の大阪府和泉市)に行き、
野狐の生き肝を得ようとする

摂津国東生郡の安倍野(現在の大阪府大阪市阿倍野区)
に住んでいた安倍保名(伝説上の人物とされる)
が信太の森を訪れた際、
狩人に追われていた白狐を助けてやるが、
その際にけがをしてしまう

安倍保名

そこに葛の葉(くずのは)という女性がやってきて、
保名を介抱して家まで送りとどける
葛の葉が保名を見舞っているうち、いつしか二人は恋仲となり、
結婚して童子丸(後の安倍晴明)という子供をもうけた
(保名の父郡司は悪右衛門と争って討たれたが、保名は悪右衛門を討った)

葛の葉

童子丸が5歳のとき、葛の葉の正体が
保名に助けられた白狐であることが知れてしまう
次の一首を残して、葛の葉は信太の森へと帰ってゆく

恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉

この童子丸が、陰陽師として知られるのちの安倍晴明である..

保名は書き置きから、
恩返しのために葛の葉が人間世界に来たことを知り、
童子丸とともに信田の森に行き、
姿をあらわした葛の葉から水晶の玉と黄金の箱を受け取り、別れる

信太の森の白狐 葛の葉

数年後、童子丸は晴明と改名し、天文道を修め、
母親の遺宝の力で天皇の病気を治し、陰陽頭に任ぜられる
しかし、蘆屋道満に讒奏され、占いの力くらべをすることになり、
結局これを負かして、道満に殺された父の保名を生き返らせ、
朝廷に訴えたので、道満は首をはねられ、晴明は天文博士となった

※安倍晴明 関連リンク

安倍晴明、謎に満ちた『陰陽師』の秘密を知る
「安倍晴明」関連書本
荒俣 宏 氏の『帝都物語』
夢枕 漠 氏の『陰陽師』
岡野玲子コミック『陰陽師』
「狐の化身・葛の葉」関連書本
「陰陽師」関連書本


※『晴明祭(9/22・23)』が祭行されます
安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りる
『晴明祭(9/22・23)』の詳細はこちらから


『安倍晴明』『陰陽師』『一条戻り橋』
少しでも気になったら、行って見てはいかがですか..

※京都 晴明祭 のご案内
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約




にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村 写真ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント